エアコンプレッサー買取査定の裏話

本日の紹介はこんなやつです。

エアコンプレッサー

MAX/マックス エアコンプレッサー AK-HL1210E です。

結構程度良い品ですので、高価買取させて頂きました。

コンプレッサで査定するのになにが重要な事なのか?は、以下の5点です。

1、見た目がキレイなのかどうか

あまりにも汚い、腐食、サビのひどい物は安くなりがちです。
本体にシールのはがれ、足元のサビ、足が4つとも付いているか、
(たまに足のゴムがないのがあります)カバーやメーターの状態が
重要となります。

2、エア漏れはないか

電源を入れてエアを充填したとき、耳を近づけてよく音を確認するとたまに
シューシュー音がでている事があります。これはエア漏れと言ってどこかから
エアが漏れているので、中身のエアがなくなってくるとまた再起動を繰り返し
ますので、「不良品」となります。
状態がキレイでも通常買取価格の半額以下になる場合もあります。

3、エアが溜まるまでの時間

エアが溜まるまでの時間を計り、あまりに充填完了でまるのが長い品物は
寿命が近い証拠なので、買取金額も安くなります。
たとえばこのコンプレッサーの場合、エア充填まで約4分40秒でしたので
まあ普通ですが、仮に新品だとおそらく3分弱で充填完了。
もうすぐ寿命だと7分以上かかることもあります。遅ければ遅いほど状態が
悪いということになります。(中身のなにかが消耗、劣化が進んでいるので
エアが溜まりにくくなっていると考えられるため)

4、圧力メーターの状態

まれにですが、なぜか「0」よりも針が下で指していてエア充填しても
動かない、正常に針が指していると思ったらエアを抜いているのに針が
「0」に戻らない等、不具合が生じている場合があります。
エア漏れがあるよりは減点対象にはなりませんが、不良がある場合、
若干の値下げが入ります。

5、HZの仕様

新しいコンプレッサーはだいたい50/60HZ共用タイプですが、少し古い品物や
規格の大きなエンジンやモーターを使用している品物で「50hz専用」又は
「60hz専用」のコンプレッサーがあります。50HZ専用は東日本専用で、
60HZは西日本専用ですので、当然ですが60HZ専用のコンプレッサを
売りに来られてもまともに動作チェックもできませんので買取金額も
安くなります。めったにない事ですが、関西のほうから最近こちらに引っ越し
をしてくるとこのような商品が関東でもでまわることがあり、
動作チェックをしただけで商品が壊れることもありえますので
注意している案件ではあります。

この商品は全部の項目で正常であることが確認できており、
安心して買い取る事ができました^^買取するのにもこのような知識があって
初めて正常、不良が確認できますので、経験が問われる場面でもあります。
お取引ありがとうございました^^

営業案内
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
リサイクルショップ優水戸
https://kaitori-yu-mito.com/
茨城県水戸市元吉田町245-6
TEL:029-215-9128(午前9時~午後10時)
Twitter: https://twitter.com/recycleyu_mito
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 水戸近辺、ひたちなか市、笠間市、茨城町、東海村からも依頼があります!
遺品整理、廃品回収もおまかせ!1本お電話下さいませ!
不用品回収、高価買取はリサイクルショップ優へ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ