店長の趣味のプログラミングを使ってこの半年間、ナンバーズ3について本当にあらゆる事を調べたり思いついたことをアルゴリズム化して検証したりを繰り返ししてきました。

ナンバーズ3とか4ってなんか抽せん結果に偏りがありまくって「操作されてるんじゃないの?」ってレベルであやしいじゃないですか?単純に1/10×3つの数字=1/1000 が確率ではあるが、実際異常なまでの偏りが発生している。この「偏り」のクセを予想、解析する事で逆に必勝法が存在するかのような期待が生まれますよね。

必勝法が確立できれば一生仕事しなくても良い、、、、?などという夢を持ってやってみたんですが、まあ現実は甘くないですね。確かにおかしなリズムで妙な動きするナンバーズ3の結果ですが、結局は「必勝法なんかない」という結論が出ましたよ。

でも、内容的には「本でも出せるんじゃないか?」ってレベルで考えた結果であり、漠然と「必勝法なんてあるわけないじゃん」って言ってるわけじゃないんです。第1回号から今まで全部のデータをエクセルに起こしてこれでもかって位「こんな風にBETしたら実際収支はどのくらいなの?」なんて事を積み重ねて出した「必勝法はない」って結論だから、普通とは重みが違いますよ。

なんでこんなブログ書いてみようかと思ったのは、同じような事を考えている誰かにこれを読んでもらって、「ここをこうすればまた違う検証ができるんじゃないか?」とか、「こんな検証してみて下さい!」なんかのメッセージが届くのを期待してるからです。(気になる事があったら画面上部にある「お問い合わせフォーム」よりメッセージ下さい)前置き長くなりましたが、検証した内容の軌跡を描いてみようと思います。

検証データはナンバーズ3の第1回号から5548号(2020年10月21日)までのデータより全実績をもって検証しています。

1、奇数と偶数の組み合わせより除外して良い組み合わせがあるのかを検証。

2、抽せん結果の3つの数字の和が5~22以外が除外しても問題がないのかどうかを検証。

3、W数字、シングル数字の関係性を検証。本当にW数字はほとんどこないのか?

4、前回の結果の3つ数字から最低1つ、次回に数字を引継ぎする確率が非常に高いのは本当かどうかを検証。

5、出現回数を10個の数字全部でデータを抽出し、どの数字が一番出やすいのかを検証。

6、拒否して良い数字、拒否してはいけない数字の選び方を検証。

1、奇数と偶数の組み合わせより除外して良い組み合わせがあるのかを検証。

①「奇数、奇数、偶数」「偶数、偶数、奇数」 と、
②「奇数、奇数、奇数」「偶数、偶数、偶数」
の組み合わせから、②の組み合わせはほとんど来ないので除外しても良いと言っている理論をご存じでしょうか?

①は「356」「118」「229」とかですね。
②は「397」「991」「226」とかの事です。

さて、検証開始。エクセルで全データを取り込んで表にして、オプションとして表の右側に奇数と偶数の組み合わせを表示してみます。命令してマクロONでこんな感じ↓

ナンバーズ3予想001

ちょっと見にくいので拡大します。左側が結果データ。↓

ナンバーズ3予想003

右側にオプションを表示↓

ナンバーズ3予想001

抽せん結果を自動で奇数なのか偶数なのかを判別してオプションとして表示させています。表の1番下には合計が集計される。↓

ナンバーズ3予想004

検証結果は「奇、奇、奇」「偶、偶、偶」を
両方合わせても1417/5548。対して、
「奇、奇、偶」が2077回で「偶、遇、奇」が2054回。

なので、確かに「奇、奇、奇」「偶、偶、偶」は
あんまり来ない事がわかる。
「奇、奇、奇」「偶、偶、偶」以外のパターン合計が
2077+2054=4131回なので、確率的には74%にもなる。
つまり、「奇、奇、偶」「偶、遇、奇」だけを
購入しても4回中3回は当たるって事だ。

だが!しかし!!

「奇、奇、奇」「偶、偶、偶」の組み合わせは
「ほとんど来ないので除外しても良い」というのはどうなんでしょうか、、、?だって、

4回中1回は来るんですよ?25%で当選するデータを「ほとんど来ないので除外」は軽率じゃないですか?だって膨大なデータ「5548回分」でのトータルで1/4という結果が出ているだけであって、来るときは普通に連続で来る。

そもそも組み合わせのパターンとして(BOX買いが前提で)「奇、奇、奇」「偶、偶、偶」の組み合わせは35通り×2で70通り。「奇、奇、偶」「偶、遇、奇」の組み合わせは75通り×2で150通りになるので買い目点数が単純に「奇、奇、奇」「偶、遇、偶」の倍以上多いので当然の結果と言える。

しかも、「奇、奇、遇」「偶、偶、奇」の組み合わせを全部購入したら150×200円で3万円も必要になるのでほとんど赤字になるわな。
(BOX配当は大体15000~30000円位がメイン。事故で70000円超えが過去に数回あったがそんなのは1/1000以下で出現するまれな事で、逆に5600円しか配当が付かなった事もある)

と、いう事で奇数と偶数から考えて買い目の除外考える方法はほとんど意味がない事が結論付けられた。

ただ、こんな事にも気が付いた。4000回号位から~最後までざっと見た感じではあるが、

1、「奇・奇・奇」「偶・偶・偶」が連続で来る当選する確率は1500回のうち2連続が33回、3連続が9回、4連続が3回、5連続が1回で6連続以上は一度もなし。

2、1回のみの単発は147回あった。

(4000~5548回号での「奇・奇・奇」「偶・偶・偶」の当選回数は全部で274回)

なので、「奇・奇・奇」「偶・偶・偶」が連続で当選する確率は非常に低い事がわかる。連続するとしてもほぼ2回までと考えてOK。3回以上は事故に近い確率でしかない。よって、

「奇・奇・奇」「偶・偶・偶」が出現したら次回が
「奇、奇、偶」「偶、遇、奇」になる確率は高く、非常に高い。
(具体的には53%で単発になる確率である)

まあこれだけでは別に必勝法でもなんでもないんだが、予想する理論としての材料はこれだけではないので「●●の時はこれを除外」のような条件が増えていけばそれの積み重ねで当選確率は上がっていくんだろうと信じていた。

ついでに発見した事だが、「トリプル数字」→「111」とか「666」とかの出目が出現する確率も非常に低い事が判明。

BOX全通りで220通りなのでその中の10通り分ではあるが、
トリプル数字が抽せんされたのは 45/5548 → 0.81% → 1/125 なので無視しても良いレベルである。

今回はこの辺で。続きは後日UPします。

前後の記事リンク↓ (現在の記事は①になります)

ナンバーズ3予想|エクセルマクロで予想解析ソフトを作ってみて必勝法などないという結論が出るまでの軌跡①

ナンバーズ3予想|エクセルマクロで予想解析ソフトを作ってみて必勝法などないという結論が出るまでの軌跡②

ナンバーズ3予想|エクセルマクロで予想解析ソフトを作ってみて必勝法などないという結論が出るまでの軌跡③

ナンバーズ3予想|エクセルマクロで予想解析ソフトを作ってみて必勝法などないという結論が出るまでの軌跡④

ナンバーズ3予想|エクセルマクロで予想解析ソフトを作ってみて必勝法などないという結論が出るまでの軌跡⑤

営業案内

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
リサイクルショップ優水戸
https://kaitori-yu-mito.com/
茨城県水戸市元吉田町1138-2
TEL:029-246-6618(午前9時~午後10時)
Twitter: https://twitter.com/recycleyu_mito
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 水戸近辺、ひたちなか市、笠間市、茨城町、東海村からも依頼があります!
遺品整理、廃品回収もおまかせ!1本お電話下さいませ!
不用品回収、高価買取はリサイクルショップ優へ!